ぺんてるのGRAPH 1000 for proの0.5です。
ちょっと調べてみたらロングセラーな定番のようですね。
調べるまで知りませんでしたw

しかし最近は色んな色の製図用シャーペンがありますね。自分の頃はコレ以外は大抵銀色だったので、今の製図用シャーペンユーザーでデザインも気にする人は嬉しいだろうなぁと思います。

毎日のように製図していた学生時代に出会ったシャーペンです。
安価な製図用シャーペンだと下手すると1週間もたなかったので、これはお高いのを買った方がむしろコストパフォーマンスが良いのではと思って1000円程度のシャーペンを物色している時に出会ったのがコレでした。
製図用シャーペンってグリップが金属製のものが大半なのですがそれがあまり好きではなく、これはそのどちらにも当て嵌まらずまた一目見てデザインが気に入ったのもあって購入に至りました。
以後、使い心地が良かったのと買ってから一度も壊れていないので以来ずっとこれを使い続けています。

他は絵描きさんもよくオススメしているペンなので構造やらシリーズ展開やらについて改めて詳しくは書かなくても良いかな…と思ったんですが、ざっとネット見た限りだと絵描き畑の人ばかりで製図畑の人の個人ページのレビューが無いのかなぁと思ったのでそこら辺を中心に書ければなと。

度々触れられている「ガイドパイプが長い」「クリップが短い」「重心が低い」っていうのは製図用シャーペンでは割合標準装備な特徴です。
ガイドパイプ(ペン先の芯が出てくる筒)が長く真っ直ぐなのは、製図の際には定規を当てて線を引くので、最低でも4mm程度の出が無いと芯が定規で削れてしまったりガイドパイプが斜めだと線がズレたり掠れたり必要以上に太くなったりしてしまうからです。製図には一定の太さ濃さが必要になって来るので。

クリップが短いのは、製図畑の人は芯が片減りしないようにシャーペンを回転させながら書くので長いと邪魔になったりするからだと思います。
コレもそうですが、クリップ自体が取れるようになっている物も多いです。
どうでも良いですが、クルトガが発売された時に「何だコレ便利!」と飛びついていざ使ってみたらペンを回転させるクセが付いていたせいで延々同じ面を使い続けることになり、むしろ芯が壮絶な片減りをする結果になりました。

重心は製図用なら大抵低い所にある気がしますが、ペンの重さ自体は重めだったり軽めだったり差があります。このGRAPH 1000 for proは同価格帯のシャーペンでは軽い方だと思います。
これよりも低い価格帯の製図用シャーペンや一般的なシャーペンと比べるとある程度の重さがありますが。
個人的にはその重さが絶妙で良いと思っています。軽いと不安定ですが重たいと疲れますしね。

重さに関係することでもありますが軸が金属製なので、これをずっと使っていると同じような太さのプラ軸のシャーペンを握ると柔らかい気がして妙に不安になります。
ドクターグリップくらい思い切った太さのだと平気なんですが。

また、落とすと壊れやすいと言われているようですが、結構何度も落としても未だに使い続けられているので相当変な落とし方や雑な扱いをしなければ壊れないんじゃないかなぁと思います。個人的にはむしろ丈夫だなぁくらいの印象です。
あと自分はBの芯を愛用しているので、HBやHの芯に比べてシャーペンのノック機構のところに芯が削れたカスが詰まりやすいんですが、それも他のペンに比べると少ない気がします。
製図用以外のもの含め結構それが原因で故障したりしていたのですが、これにしてからは全くそういう事が無くなりました。
それでも気になるので定期的にペン先を外して掃除はしていますが。

しかし他の製図用シャーペンと比べて最も特徴的なのは先にも触れましたがグリップですね。ラバーだけではなく、金属だけでもないというのは珍しいような気がします。
金属オンリーだとずっと握っていると痛くなってくるし、ラバーのみ(同じ価格帯の製図用シャーペンでは見たことないですが)だと長期間の使用でラバーが劣化したり軸がぶれて狙い通りの線が引けなかったりするので。
まあブレに関しては金属オンリーの方が間違いなくブレないのですが。ブレる要素が無いですからね。

絵描きさんだけでなく、自分の周りの製図畑の人もGRAPH 1000 for proを愛用している場合が多いので、多分すごく良いシャーペンなんだろうなぁと思います。そういえば製図の講師の先生も熱烈にオススメしていました。
個人的にはこれを超えるシャーペンはないだろうなというくらいなのですが、こういうものは合う合わないありますからね。
自分は筆圧が低い方なので良いのだと思いますが、逆に強めの人には向いていないようにも思います。
グリップの感触も好みがかなり分かれるような気がしますし。
他人が絶賛しているからといって安易に選ばない方が良い道具だと思います。逆も然り。
安価でないというのもありますが、店頭に行って握り心地等は調べないと。別段シャーペンに限った話ではないですが、職業柄なのかシャーペンに関しては特に強くそう思います。

シャーペンに1000円出していると言われると同業者以外には驚かれることが多いのですが、長く自分に合ったものをストレスなく使うということを考えるとこの位の値段になるんじゃないかなぁと思います。もっと安いので合ったものがあればそれに越したことはないですが。
あまり使わないならそれこそ無料で貰った殆ど使い捨てのようなものでも良いでしょうけど、(手製図で仕事をする人間なんて殆どいなくなったとはいえ)建築業種の自分や同業者にとっては恐らく一番使う筆記用具ですし、最も妥協したくない(出来ない)筆記用具です。
うん、ここまで読めばこだわりがあるのだけは嫌でも分かるね。

サブで他のシャーペンも持っていますし使ってもいますが、一番楽に使えますし逆に力を入れたいところでも安心して力を入れて使えますし、最終的にやっぱりこのシャーペンに帰ってきます。
そういえば特にメーカー等にこだわりはありませんが、100円ショップ等で売っている安い芯も何となく使い心地が悪いので使わなかったりするなぁ。
安いのって芯がキュルキュルする気がするんですよね。芯のノリが悪いというか。


最初はサラっと書いて終わるつもりだったのに長くなったなぁ…w


しかし今更ですが読みにくいですねこのブログ。
ネットに載せる文章は適度な所で改行すべきだと分かってはいるんですが、どうも途中で改行するってのが気持ち悪くて出来ないんですよね…。
自分で読む時ですら改行しろよと思うのに。
無駄に一文が長いのも原因なんでしょうが。
本日の文房具はSTAEDTLER®のトリプラス テキストサーファーです。
まあ要するに蛍光ペンなんですが。

STAEDTLER®というのはご存知の方はご存じでしょうが、ドイツの文房具メーカーです。日本だと文具コーナーよりも製図用品でよく見かけるメーカーかも知れません。
現在の形の鉛筆を(記録上)最初に発明したのがステッドラー創業者の先祖なんだそうです。
まあ最初に買った当時は単にペンが気に行っただけでメーカーの事なんて全く知らなかった訳ですが。

そんな話は置いておいて、ペンの説明を。

見た目の特徴としては一般的な蛍光ペンより細身でちょっと長めなところですかね。一般的な蛍光ペンとはキャップ一つ分近く長さが違います。
あと軸が三角形をしています。
しかし(自分が考える)このペンの最大の特徴はペン先です。

左側がトリプラス テキストサーファー、右側が(窓付いてますが)一般的な蛍光ペンのペン先です。
テキストサーファーのペン先がフェルト式の筆ペンなどのようになってるのがお分かり頂けるかと思います。似ているのは形だけで筆ペンの様に柔らかくはないのですが。
このペン先が何故か無性に気に入って昔から愛用しています。
ペン先を立てて細くしてアンダーライン引いたり、寝かせて太く文字の上に線引いたりしています。
冷静に考えてみたらそんなことは普通の蛍光ペンでも出来るしむしろ使いにくいんじゃないかと思うんですが、まあ気に入ったものは仕方ない。

仕事では多種の蛍光ペンを使う必要があるので他のメーカーの蛍光ペンも使っているのですが、勉強に使うのは専らコレです。
教科書の様な水性インクを比較的はじきやすいような紙でも安定してインクが乗ってくれる…ような気がします。
難点を言うなら割と手に入りにくいことですかねー。
今は比較的色んなお店に置いてありますが、昔は中々手に入らなくて渋々他の蛍光ペンを使用していることもありました。

自分はオレンジ以外買った事がありませんが、インク色は他にイエロー・ピンク・グリーンがラインナップとして存在しています。ステッドラーの蛍光カラーはこの4色が定番な様子。

同じ長さ、ペン軸の形をしたカラーペンや細書きペンもありますが、愛用しているのはコレだけです。
何故だかは自分でもよく分かりません。
今日の文房具はコチラ。

ペーパーナイフです。
コレは確か鎌倉で買った奴ですが、割合どこでも見る気がしますね。
あ、リラックマの木札は元からついてた物ではありません念の為。
何の変哲もないペーパーナイフで、どちらかというと切れ味は良い物ではないんですが、他にペーパーナイフの類を持っていないのもあってずっとこれを使っています。
封筒の開封とかにも使いますが、主に裏紙を適当なサイズにするのに使っています。
職業柄かミスプリントや要らぬ紙が多く出るのでコスト削減の為ですね。まあ機密情報の漏えいにもつながるのであまり褒められたことではないんですが、一応個人情報や機密に関わるものは即シュレッダーするし仕事のメモ程度にしか使わないし…という言い訳を書いておきます(苦笑)

そう珍しいものではない気がするんですが実際に買って使ってる人は少ないのか、使っている所を見られると何故か場がすごく盛り上がりますw
という訳で文房具紹介です。
付き合いが長い方からという事でまずはこちら。

最早説明不要な気はしますがZEBRAのSARASAですね。
奥の2本は昔最初に買った時の物なのですが、今もこのタイプのものは売っているのでしょうか。
色々ボールペンがある中でSARASAに行きついたのは単に初めて液漏れしなかったからだったりします。それまで何を買っても液漏れしたんですよ…。
写真にはありませんが4色ボールペンもSARASAのものを使用しています。

使い方としては、デスクワーク中は単色のものを、外での現場作業中は4色ボールペンを使用しています。
単色の方も学生時代からこの4色で使用しています。ノート用の蛍光ペンはオレンジを愛用しているのもあって黄色系のインクは無いですね。
青は普通のだと黒と判別がつきにくいので専らペールブルーを愛用。水色ほど薄くなく青程濃くなくお気に入りです。
授業のような形でノートを取るときはシャーペンの他に赤(強調)・青(赤と違う意味で強調)・緑(補足)+蛍光ペン1本で事足りてますかね。

ただSARASAはゲルインキでインクの出もかなり良いので気を付けないと紙によってはこすれて汚れます。普通のノートだと滅多にそういうことは無いんですが厚紙だと注意が必要です。
それとインクの出が良いのもあって0.5だと細かい字を書くのには不向きです。まあこれはゲルインキボールペン全般に言える事だと思いますが、SARASAは特にインクの出の思い切りが良いような気がします。
自分は筆圧があまり強くないのでこの位の方が良いのですが、ノートの紙質によっては裏写り…とまでは行かないものの、結構しっかり文字が見えたりするので気になる人には向かないと思います。

何だかんだでコレが一番自分に合ってるボールペンな気がしています。
お久し振りですこんばんは。
また間が空いてしまいました。
前回の雑記から今日までの間にキルラキル見たりガルパン見たりきらり可愛さにモバマス始めたりサッカー観たりマイクラやったりサイコパス見たりしていました。マイクラはPC版ではないですが。

さて、今日は個人的な節目である誕生日だったりしたので折角ですし今日からまた定期的にブログを書いていこうと思います。
とはいえ何かないとまた間が空きそうなので、自分が使っている文房具+αについて書いていこうかなと…思ったのですが、iPodや携帯から書こうとしたのが間違いだったのか散々画面やらが落ちたりしまして、この文章書いてる時点で5回のやり直しを食らっています。もうやめたい。

とりあえず気を取り直して。

文房具、最初は入れ物から紹介したいと思います。

KOKUYOのNEO CRITZです。
青い方を買ったのがもう7〜8年くらい前になりますが、使い勝手が良くずっとコレを使っています。オレンジの方は比較的最近万年筆用に買ったものです。
ペン立てになるペンケースなので机の上に置いても場所を取らず邪魔にならないので重宝しています。
内側にあるポケットには万年筆の短いカートリッジとか小さい消しゴムカートリッジとかを入れています。シャー芯は入れるとちょっといっぱいいっぱいになっちゃうかな。
また、長めのペンや定規も入るし、ペン立て式なので出したいペンが比較的探さないで出せるというのも利点ですかね。
長いこと使っている方はちょっと自立がしにくくなってきたのですが、固い部分が丸くなってしまい広がり切らないというだけなので、開いた時に下部に小さい押し出し式?消しゴムを突っ張り棒状態にしています。そうすると問題なく自立するのでまだまだ使えそうです。

で、実はこれ途中までで文章が切れていたので書き足したという…。どういうことなの…。
何か文章の中身少なくなった気がしますが覚えてないのでこの辺で。
次回はペンに入ると思います。